テーマ:肩こり

顎関節症 顎の痛み 顎の音

顎関節に異常を訴えられて来院される患者さんが増えています。 顎関節症の原因はさまざまな原因が複合的に重なりさまざまな経過をたどり痛みとして発症したり、お口の開け閉めで音が鳴ったりします。なかには突然口があかなくなってしまう方もいらっしゃいます。治療もさまざまなアプローチがあります。マウスピース療法などは代表的ですが装着する際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「顔・からだ バランスケア」

大山歯科医院では 筒井照子 先生の著作の 「顔・からだバランスケア」という本を読んでいただいております。 本の内容は以前お話しした「ほほ杖、横寝、咬み癖などなど」いろいろな癖によって歯列に影響が出て、さらにはお顔や体のバランスをくずしてしまっていることがあるというものです。 日常生活の癖で、頭痛や肩こりなどを誘発していること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウスピース治療 (その2)

マウスピース治療その2です。 マウスピースの治療は歯の状態、歯列、顎の状態などよくよく診査し、装着した後も必ず調整をしないといけません。マウスピースによってはあまり長期に使用すると体に悪影響を及ぼすものもあります。簡単に着脱できるものですが、その使い方や期間、目的などをよくよく決めたうえで経過を追いながら使用することがとても大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

態癖(たいへき)について  その3

態癖シリーズその3です。 態癖(いろいろなくせ)によって歯並びが悪くなっていたり、お顔のゆがみになっていたり、肩こりなどの症状につながっていたりと、いろいろなことに影響している場合が多いと思われます。 現在の癖ではなく過去の癖からいろいろな症状がでていることもございます。生活習慣によって体はいろいろな変化をしています。いい変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咬み合わせ 生活習慣

大山歯科医院では、咬み合わせ治療というのを おこなっています。 以前から咬み合わせが体に影響があるというのは歯医者さんの間では いろいろ言われてきたことではあります。 現在その咬み合わせのバランスが生活習慣によって崩れていって 歯に影響がでたり、全身に影響が出たりするということが わかってきています。 大山歯科医院で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more