テーマ:頭痛

顎関節症 顎の痛み 顎の音

顎関節に異常を訴えられて来院される患者さんが増えています。 顎関節症の原因はさまざまな原因が複合的に重なりさまざまな経過をたどり痛みとして発症したり、お口の開け閉めで音が鳴ったりします。なかには突然口があかなくなってしまう方もいらっしゃいます。治療もさまざまなアプローチがあります。マウスピース療法などは代表的ですが装着する際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「顔・からだ バランスケア」

大山歯科医院では 筒井照子 先生の著作の 「顔・からだバランスケア」という本を読んでいただいております。 本の内容は以前お話しした「ほほ杖、横寝、咬み癖などなど」いろいろな癖によって歯列に影響が出て、さらにはお顔や体のバランスをくずしてしまっていることがあるというものです。 日常生活の癖で、頭痛や肩こりなどを誘発していること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウスピース治療 (その2)

マウスピース治療その2です。 マウスピースの治療は歯の状態、歯列、顎の状態などよくよく診査し、装着した後も必ず調整をしないといけません。マウスピースによってはあまり長期に使用すると体に悪影響を及ぼすものもあります。簡単に着脱できるものですが、その使い方や期間、目的などをよくよく決めたうえで経過を追いながら使用することがとても大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウスピースの治療 (その1)

大山歯科医院ではマウスピースを使った咬み合わせ治療をおこなっています。 くいしばりなど歯に対する悪い力がかからないようにすること、咬み合わせのバランスが前後左右で悪い場合、また下あごの位置をよくしたり、舌の位置をよくしたりする目的で使用しています。 ある患者さんにマウスピースを入れた時の感想をいただいたので許可をいただき掲載…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

歯がしみる、くいしばり

昨年の秋に初診でいらした患者さんのお話をします。 とにかく全体的に歯がしみるということで水以外にも お湯や特にフルーツ果物が強くしみるようでした。 お口の中をみてみると虫歯らしい虫歯もなくただ 歯の根元の歯質が 一部削れているようでした。この患者様にはしみをおさえるようなお薬を 歯に塗り、本人の日頃のくいしばりや頬杖な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

咬み合わせ 生活習慣

大山歯科医院では、咬み合わせ治療というのを おこなっています。 以前から咬み合わせが体に影響があるというのは歯医者さんの間では いろいろ言われてきたことではあります。 現在その咬み合わせのバランスが生活習慣によって崩れていって 歯に影響がでたり、全身に影響が出たりするということが わかってきています。 大山歯科医院で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more